日吉杯最終稿

演題『一人多票 ~死に票は議員の持ち票を弄ればなくしうる~』

この中に選挙に行ったことあるよ、という方はどのくらいいらっしゃいますか?
結構いらっしゃいますね。ここにいらっしゃる方は社会問題の解決を目指す方ですから、選挙に行くのも当然かもしれません。
(あまりいらっしゃいませんね。ここにいらっしゃる方は社会問題の解決を目指す方でしょうから選挙に行った方がいいと思いますが。)

選挙は社会問題の解決に至る為の殆ど唯一にして最大の方法です。
利己的な主体の活動では解決できない問題を政府が行う。
国民は政府の舵をとる為に選挙に行きます。
選挙に行かなければ社会問題解決の為のスタートラインにすら立てないのです。

と、言っても選挙に行かない人は行きませんから、行きたくなるような小話を一つ。
選挙に行くと2枚の投票用紙が貰えます。
この紙に候補者の名前を書いて折りたたんで投票箱に入れるのですが、
この紙、箱に入れた後、自然と開くようになっています。
箱に入れる前に紙から手を放すと見れますので是非投票しに行ってみてください。

と、言っても、選挙に行かない理由というのが正にその折りたたんで「投票しても元に戻ってしまうから」なんです。
どういう意味でしょう。
例えば、あなたは選挙に行って、候補者Aに投票しました。
結果候補者Aは当選した。
良かったですね。
では候補者Bに投票していたら?
結果は変わらず、候補者Aの当選でしょう。
選挙に行っても何も変わらないのです。
投票しても、投票してない元の状態に戻ってしまう。
選挙に行く意味がないから行かない。

本弁論の目的はこの無意味な選挙に終止符を打つための解決策・新しい選挙制度の提案・共有です。

現状ある選挙制度ではどうしてもこの問題は解決できなかった。
今まで選挙制度について沢山開発考案はされてきました

例えば小選挙区制 二回投票制 コンドルセ方式 シュルツ方式 ボルダ方式 比例代表制 ドント方式 サン=ラグ方式 単記非移譲式 完全連記制 などなど何十もの選挙制度が考案されてきました。

しかし、いずれにしてもこの”投票しても元に戻ってしまう”問題は解決できませんでした。
では、何故この問題が起きているのか。原因は何でしょう。

投票しても無駄になってしまうという問題は、言い換えればあなたの票が死に票になってしまうということを指します。
ここでは、死に票とは落選者に投票された分と当選者が当選するには必要ではなかった余りの票を指します。
先ほど述べた選挙制度では死に票を小さくすることは出来てもなくすことは出来ません。
でもそれは当然です。
私たちの代表を一人に絞る以上、どのように選んだって死に票は出てきます。
あれ?私達の代表を一人に絞るのは必要なことなんでしょうか?
もし不要だとすれば問題は解決するかもしれません。

そこで解決策を1点提示します。
選挙制度を変えるのです。
当選した議員の議会での持ち票を現在の1票から得票数に変えます。
大枠は以上です。
100万人がその議員に投票したならば、その議員は100万票を持つ。
各議決に100万票を投じていく。
そのような状態においては追加の1票に意味が出てきます。
勿論1票というのは非常に小さなものです。それだけでは当然社会を変えることは出来ない。
しかしながら、今までは我々の投票権は、議員が決まった時点で死に、それぞれの議決までは届かなかった。
その議決まで生きて届かなかった我々の意志を生きて議会まで届けることは確実に大きな意味を持ちます。

では、この制度について、議員の視点からも考えていきましょう。
今までは、当選に十分な支持者を持つ議員はこれ以上何もしてこなかった。
議員生命を守る為には必要なく、無駄だからです。
しかし、この制度のもとでは、そうではない。
さらなる1票が更なる力になるんです。
当選に必要ではなかった少数派の意見を取り入れるインセンティブを持ちます。
議員はより問題解決をしようとするでしょう。
今までは一人を当選させることが出来ない少数派の意見も多数派の議員によって救われうるのです。

勿論この解決策もこれだけでは大きな効果を得ることは出来ません。
そこで2点の修正をします。
1点目は「全国区にする」、2点目は「成り議員代を導入する」。

1点目です、全国区にする。
小選挙区というものは何を意味しているのか考える必要があります。
有権者の票を議員の1票に圧縮する為に区切っていました。
しかし、本政策では1票は圧縮せず1票のままだから区切る必要はありません。

むしろ一票の格差を助長させ、国民を分断するゲリマンダーを発生させてしまう選挙区は廃止してしまうべきです。


2点目です。成り議員代を導入する。
議員の持ち票を得票数とするこの政策では、特に議員となる条件は置かれていません。
しかし、議員が無限にいては議論は混乱を招くでしょう。
どこかで線引きはすべきです。
ですが、人数で線引きしてしまうと、少数派議員を追い出すために所謂クローン議員というものが増えてしまい本政策は最大限効果を発揮することは出来ません。
勿論それは現行よりかはマシですが、高みを目指したいものですね。

そこで成り議員代を導入します。
そこで導入するのが成り議員代です。
議員になるときに、得票数から何票かを支払う。
これを成り議員代と呼んでいます。

この成り議員代を導入すると更なる利点が生まれます。
議員の数を絞ることが出来ます。
議員を一人出すたびに持ち票が減っていきます。
減るぐらいなら最初から立候補させない。
大体同じ考えならば、代表をまとめてしまえば、無駄に、成り議員代を支払わずに済む。
そうすれば影響力をより大きく出来る。
今までは票の為にいる議員がいました
この議員を減らすことが出来るのです。
多数派の政党で起きたことは、少数派の政党でも置き得ます。
少数派の主張同士というのは必ずしも矛盾を引き起こすとは限りません。
ある法案に対して主張はしているが、他はどうでもいいと思っている人達はより自分の影響力を大きくするために結託するでしょう。
このような流れによって議員数は絞られるでしょう。

立候補者が減れば論点は分かりやすく纏まり、議員を選ぶコストは下がります。
さらに立候補者が十分に減れば落選してしまう候補は0になりえます。
これによって死票はなくなるのです。

以上の政策により、”投票しても元に戻ってしまう”現状は解決します。
投票した痕跡が残れば、今まで無駄に思えてきた選挙に行く人も出てきましょうし、自分には関係ないと思っていた政治に興味を起こす人も出てきましょう。
合理的無知というものがあります。調べるコストに見合う対価がなければ合理的に知らないことを選択することです。
今の選挙制度では、対価は限りなく0に近い。自らの票に影響力はないから考えて投票しないし、投票の結果を自分たちの選んだものだと思えない。熟慮も責任感もなければ民衆は愚かになる。衆愚政治に陥ってしまう。1票に影響力を持たせることが出来る

政府というのは国民に監視されて初めて機能します。
今回、私は新しい選挙制度を共有したにすぎません。
この制度の何が長所足りえて、何が短所で如何にして克服すべきか、若しくは捨て去るべきか。考えなければならないのは我々です。
今まで、自明とされてきた、議員の1票。これをなくすことで、国民一人一人が持つ一票の価値が確かなものになる。
元に戻らない投票を。
ご清聴ありがとうございました。

 

 

 


では、本政策がどのくらい合理的で公正であるのか、有名な基準を用いて考えてみましょう。
アローの定理というものがあります。これを全て満たすものが最も公正な制度であるが、そんなものは存在しないというものです。
そこでは4つの基準が挙げられています。
1つ目は非独裁性。誰か特定の人の意思だけに任されていないかという意味ですが、これは満たしています。
2つ目は普遍性。どんな時でも1つの結果が出るようになっているかという意味ですが、これも満たしています。
3つ目は無関係な選択肢からの独立性。泡沫候補が出てきたからといって結果が変わってしまわないかを意味していますが、これも満たしています。
最後は全会一致性。全員がこれがいいという時はそれを選ぶかという意味ですが、これも満たしてしまいました。

今までの選挙制度ではアローの定理を満たす選挙制度はなかった。しかしこの政策は満たしている。したがってこの選挙制度は今までのすべての選挙制度よりも公正な選挙をすることが出来ると言えます。

他に、コンコルド基準というものがあります。
それぞれ二つずつみていくとどの組み合わせでも勝っている選択肢があればそれを選ぶかというのがペア勝利といい
逆に負けている選択肢があればそれは選ばないかというのがペア敗北と言います。
本制度では全体をみるとこれらを満たしません。が、個人をみると満たしています。
何故なら、個々人にとってペア勝利である人を選んでるからです。
この点においてもこれまでの選挙制度よりも優れているといえます。