結局政治とは権力拡大闘争に過ぎないという命題からの抗い

こんにちは、課題が終わりません。321です。

 

政治とは何か、という問いに対して二つの答えがあるように思われます。

 

  1. 社会(やそれに属する)全体の利益を高めるための機能
  2. (政治運動をする個人や団体という)行動主体の利益を最大化するための行動

 

1は所謂「無知のヴェール」という語で全てを表現できるものだと思います。現在の自分の立場を考慮しない営みを支える為の物です。これらの営みはまず、一般にその社会が共通して持つ、達成するべき原理原則が存在し、それに基づいて運営されようとするものです。このような背景の裏には、政府が存在しない社会は公共財と呼ばれる財の保全が上手くいかないといった理由で個々人の利己的振る舞いだけでは個々人ないし社会全体の利益が最大化されないという問題があります。

 

2は1のような”建前”も個々人の利益の最大化の為であり、必要とあらば、自分以外が無知のヴェールに包まれている隙にそれらが集めた財を自分の為に使わせるような振る舞いも許される⋀推奨される行為であるという考えが背景にあります。あらゆる自分が取れる選択肢は自分の利益の最大化の為に取られるべきであり、それは社会全体の功利を重視しようとする政治という範疇も例外ではない、という考えです。

 

こんな説明で伝わっているのか分かりませんが雰囲気は伝わったものとして先に進めますが、

 

政治という範疇に限っては、そのような弱肉強食的な発想=2から独立した部門であるといういわば幻想を追いかけて20年が経過してしまいました。覚えている限りでは最初に政治に対して興味を示したのは小泉政権郵政民営化のときだったと記憶しています。その頃から誰に言われるまでもなく、少なくとも建前上は(裏で利権と呼ばれるあれこれがあるとはいえ)社会全体の利益の為に政治が行われるべきである、という考えを持っていました。そしていまだに捨てきれずにいます。

私はこれまでに弁論(10分程度の演説のようなもの)を弁論大会で三つ発表してきました。この三つに共通している考えが、政治は利己的な運動に晒されてはならない(仮に利己的な考えによる政治運動が起きたとしてもそれが行われること自体が社会全体の為になると考えられ認められるべきである)という物があります。

 

最初の弁論は「それが不快であるからといって表現を取り除いてはならない」という主張をしました。僕だって不快になる表現はあります。なくなればいいとさえ思ってしまう程には強い感情を抱くこともあります。最近の動画サイトの広告は酷い在りようだなと思います。然しながら、あれらの表現を取り除いたところでそれらの表現を不快だと感じてしまう根本的な理由―恐らくこれらには社会にはびこる強いルッキズムがあることが要因にあると思われますが―はなくなることはありません。あの手の不快な表現が在ること自体が社会の持つ問題点をあぶり出すので長い目で見れば必要なのだ、という主張だったのです。勿論、表現の自由とは政治的な理由のみで保障されるべきとは考えませんが、兎に角あの弁論では1の意味での政治に利するからという理由で行っていました。(ただあの手の広告の時間制限ぐらいは設けてもいいと思います。30秒もあればいいんじゃないでしょうか。)

 

二つめの弁論は「より民意が反映されるような選挙の在り方」を主張しました。これは実質的な政治力(投票を以て結果を変えられるような力)を持たずともマイノリティが言説の場に立つこと自体はマジョリティから見ても利するものだと考えていたし、少なくともマジョリティも利己的な動機だけで政治を行うわけではないのでマイノリティの言説を(必ず採用するとはいかないまでも)聞く耳は持つだろうという考えがあり行ったものでありました。

 

三つ目の弁論は「相続制度を廃止すべし」というものでしたが、これに関しては正直利己的な動機はマジに一ミリもありませんでした。弁論中に挙げた孫正義みたいな金持ちではないとはいえ、親が死ねば大金が転がり込むであろう側の人間です。相続制度が廃止されて困るのは大した能力もないのに親の金で生かされている他ならぬ私なのです。実際のところ論破されたかったという側面があったのでしたが、ポルポト政権やルーマニアチャウシェスク政権と同一視されたのはマジで聴衆に絶望しました。

ルーマニア政府が国家政策として避妊堕胎手術を禁止した上に、法律で女性に5人以上子供を産むことを強要したことにより、後に「チャウシェスクの落とし子」と呼ばれる大量のストリートチルドレンを生んだ(wikipediaより引用)あの政策と同一視されたのはマジで想定外すぎて質疑に困ってしまったね。

こんな自分にとって利益のない政策を打ち出したのはそれでも社会には利益があるからだと思ってたからです。

本題に移るのですが、今欧米では白人vs黒人という構造で政治運動が過激化しています。この問題は欧州-アフリカ-アメリカ間で行われた三角貿易が行われた時代或いはさらに以前にさかのぼる必要がある根深い問題です。これは単純に問題が長期にわたっていることだけが根深い要因になっているわけではありません。これは現代の最重要視されるイデオロギーである資本主義の根本をゆるがす問題です。

本質的に資本が資本を呼ぶ資本主義においても最初の資本、原資が必要です。その原資はどこから来たのでしょうか。残念ながら、プロ倫に書いてあるような節約によって生み出された富だけでは説明がつかないほど急激な蓄財が起きています。ある者が別のある者から何らかの方法で財を奪うことで蓄財が進みました。それは奴隷から労働力を奪った奴隷商人かもしれないし、あるいは勝ち馬を引いたギャンブラーかもしれません。裏で財を(最悪の場合命を)奪われた人が沢山いる中で財を集めた者の登場で財の集積は更に高まります。最初の原資の集め方が紳士的ではない以上、それ以降の資本の流れは紳士的ではないということが出来ます。この資本主義の動力に暗い影がある以上、資本主義の産物を攻撃すること自体は無理もないものであるとは思います。

ただし、私の弁論で申し上げたのは、財を破壊することで平等を再度実現することではなく、財の分配を強力にすることで平等を実現しようということでした。暴力を伴わない常時的な革命を実現することで、今欧米で起きているような暴動を抑えられるだろうという発想にあったのです。しかしながら、私の意見は受け入れられることはありませんでした。確かに暴動の方がみてて面白いですものね。

 

ただし、今の欧米の動きでこれは違うだろうと思ったことは、人種問題ではなくないか?ということです。人種問題にするには殺された黒人の素行が悪すぎます。全く抵抗せず警察に捕まったと表現するにはかなり暴れたように見えました。(これに関してはネットで拾った動画を観ただけなのでデマである可能性はありますが、つい此間の射殺事件をみるに、黒人側は清廉潔白(この白という字を人種問題と連想付けるのはやめて欲しい物です)だったとは言い難いように思えます。)何故彼ら黒人が犯罪を起こすようになったのかまで深堀しなければ黒人側の言い分に正当性を持たせることは出来ません。つまり、彼らは経済的に不利な立場に立たされているがゆえに犯罪に手を染めざるを得なかったという物語が必要なのです。ただし、これを考える上で必要なのは、奴隷商人だった(財を奪う側だった)黒人もいれば、労働者として疎外されていた白人もいるわけです。そして白人でも黒人でもない人種も存在する。この問題は対資本家という構図でのみ機能する問題であり、Black Lives Matterと表現できる問題には落とし込めないのだということです。

 

然しながらこの理論武装は意味を成しません。

 

何故なら、この運動は飽くまでも黒人の権力拡大闘争に過ぎないからです。黒人と白人の力関係を等しくすることが目的ではありません。黒人の権力を拡大することが目的なのです。力関係の均衡は白人の権力拡大闘争とぶつかることでしか実現しません。

 そんな雑な運動では均衡が達成されないことは明白です。それは資本家対労働者でも男対女でもあらゆる構図に言えることです。等しくない力関係は暴動を産みます。小さな格差は小さな暴動しか生まないかもしれませんが、それは権力拡大闘争ではないという前提のもとであるし、格差は格差を生むのです。それが権力拡大闘争である限り暴動は終わることはないでしょう。

 

然しながら理想がどうだろうが現実に起きているのはただの権力拡大闘争にすぎないので、今回の問題については、静観しつつ、同時に絶望していきます。

10万円が世帯主が総取りしてしまうかもしれない話

10万円貰ってますか?

総務省|特別定額給付金

さて、政府から10万円もらえるというこの制度の詳細が出ましたので論点をちょっとだけさらってみます。

 給付対象者及び受給権者
 給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者
 受給権者は、その者の属する世帯の世帯主

給付金の申請及び給付の方法
 感染拡大防止の観点から、給付金の申請は次の(1)及び(2)を基本とし、給付は、原則として申請者の本人名義の銀行口座への振込みにより行う。
 (※)なお、やむを得ない場合に限り、窓口における申請及び給付を認める。その際、受付窓口の分散や消毒薬の配置といった感染拡大防止策の徹底を図る。

つまり、10万円給付の受け取る権利がある人は世帯主であって、個人にはないということです。これは、事務作業の手間などを考慮すれば、妥当な方針であると考えれられます。

また、原則的に申請者(ここでは受給権者と同じ人であると思われます。)の銀行口座への振り込みです。

国民1人に一律10万円給付、申請書の様式を公表 給付辞退も可能 - ライブドアニュース

申請書を見ても、まとめて給付されることは明らかです。

 

ここで問題となるのは、

家庭内の力関係が大きく世帯主に偏っている際、給付対象であるにもかかわらず、10万円を受け取れない人もいるということです。勿論、世帯主が最終的に生活費の全てを負担しているのであれば、最終的に帳尻はあうとも言えるのですが、収入減が世帯主一人である家庭だけではなく、共働きであったり子供も働いている場合などもあり、それらから直接生活費等を工面している場合、本来救済しなければならない人に救済の手が届かないことになってしまいます。

 

一応これにも政府は回答を出しています

【Q&A】10万円いつ、どうすればもらえる? 届いた申請書を返送 - 産経ニュース

 Q 世帯ごとの給付だと不都合な人もいる

 A ドメスティックバイオレンス(DV)などで住民票を残して別居しているケースもあり、今後、対応を検討する。

 DVなどで別居しているケースにおいては、今後対応される可能性があります。

ただし、DVがある家庭全てではないので、対応策が不十分である可能性もまだあります。

 

つまり、同居はしているが、世帯主に家庭内権力が集中しすぎていて、各給付対象者に配られなくなってしまう人が出てしまうことが問題になります。

 

 これの解決策は非常に難しい物になります。具体的にどの世帯がそのような問題を抱えているのかは識別も難しく、実際に給付された後にそのような問題が発覚したとしても別に改めて給付をすることも困難でしょう。

政府の対応を期待します。

 

キャンペーン · コロナ対策の10万円給付を個人申請可能にしたい! · Change.org

このような署名運動もあるそうです。

 

 

ぬいぐるみからペニス出してますか?

こんにちは、ペニスがついている321です。

 

突然ですが、ぬいぐるみペニスショックってご存知ですか?

下心が感じられない友人関係にある(と思っていた)男性から突然恋心を伝えられた女性の衝撃のことです。

 

そういう女性の心的負荷をかけることは僕としても望ましいことではないとおもうので、ぬいぐるみからペニスを出すことはしたくないんですが、一般的に生物はペニスを出さなければ生殖が出来ず、絶滅に至る傾向があります。最近の流行りのSDGsに乗っかるわけではありませんが、やはり私もイチ生命として種の存続を願い、ペニスをだしていかなければなりません。国も少子化は望ましくないらしいです。お国の為にペニスを出していかなければなりません。

 

一般に普通の男性は自身がぬいぐるみ化する前に徐々にペニスを出していくらしいです。

しかしながら、私に徐々にペニスを出すことは出来ません。アナログに徐々に状態を変化させることは出来ずデジタルな0.1の変化しかできません。「先っちょだけだから!」という人の9割は先っちょに端から留まらないつもりでしょうが、実際先っちょですませることは非常に難しい物です。出すか出さないか。不器用な人間にはこれしか選択肢がありません。

 

出すかひっこめるかしかできない人間にとって、出てない状態から突然出てきた状態になることも、永遠にしまい続けることも出来ないとすれば、選択肢は一つしかありません。出し続けることです。

 

大体私はぬいぐるみではありません。ペニスのある普通の人間のはずです。先っちょだけ出すことのできない不器用な人間のはずなのです。私にもペニスが在ることを無視しないでください。ペニスとは所謂下心のことです。何も露出狂めいて私の男性器を見てくださいと眼前に差し出す訳ではありません。目の前の貴方と懇ろになりたいという感情があることを否定しないで欲しいということです。

 

別に私と懇ろにはなりたくないという貴方の感情を否定したい訳ではありません。その両者の感情を公にした上で、懇ろにならなければいいだけなのです。

 

しかしながら、感情を公にすることは非難の対象となっています。私は中高別学の人間で、小学校までの恋愛観を保持し続けているのですが(とはいえ其の頃も誰かに恋愛感情を吐いたことはありません。)、共学では誰かに告白することはそれだけで嘲笑の対象たりえて、酷ければ虐めに発展することもあると聞きます。いずれにせよ今までの学生生活が送れなくなるかもしれないという危険性があることは否定できません。勿論告白というのは確実に成功すると確信して行うものなのでしょうが、今回は初めに口説きだす段階の話をしています。告白という一大イベントに入らずとも”気がある”ことが判明した時点で以上のような危険性はあるものなんだそうです。

この話の本質は相応しい人間が見せる好意なら良いがそうではない好意は断罪の対象である(が、相応しいかどうかは好意を見せてみないとわからない)という基準の運用の難しさにあるので、そんな運用不可能な基準やめようね!って話なんですけど、大変ですよね。それこそ徐々に感情が移り変わっていくのを待つほかないのですが。

 

以上も私の勝手な推測なんですが、以下はもっとキツイ思い込みになります。

 

私は以上のペニスを出すことの嫌悪感というのは、性的なものへの嫌悪感や忌避感にあるのではないかと思っています。

これは以前から言っていることでした。1年生の時に発表した見えない所というのは本来、同年の新弁の優勝弁論「春を売る」に対して、売春が公にされず、従事者が暴力団によって搾取されている現状は性の忌避感にあり、これを解決するにはこの性の忌避感を取り去らなければならないのではないか、という趣旨の主張が始まりでした。先輩方により、この問題は何も性にかかわるものだけではないと拡大解釈されあのような物になったらしいのですが、とにかく生き物の存在に必須級のセックスについて隠そうとする振る舞いが以上の異常な環境を産んでいる(そしてその環境が感情を醸成している)のだというのが見えない所という弁論の根幹たる主張でした。

 

セックスというのは強く恋愛に結び付いた物です。セックスを隠せば同時に恋愛も隠された物になってしまいます。隠されたものに対して適切な対応が出来ないのは当たり前じゃないでしょうか。

セックスと共に隠されたことだけならまだただ不器用な人間である私が淘汰されるだけで済みます。何故なら、恋愛感情というのはセックス相手の選別に適するように進化の過程で獲得したものだからです。多少目隠しされたところで野生の缶は適切に働くでしょう。然しながら問題はこの自然の恋愛感情に権利意識が付与されたところです。

男は女と強引にセックスしたいものであるという暗黙の了解(私はそうではありません)とセックスはお互いの合意を以てなされるべきだという権利意識は明らかに矛盾します。仮に女性が乗り気だったとして、性交契約書なるものを床の上で署名させられれば冷めるのも無理はないのではないでしょうか。私はそちらの方がいいんですが。次第に暗黙の了解を踏襲する男性はいなくなります。権利意識に訴えられるのは面倒だからでしょう。セクハラという語が盛んになったころと草食系男子という語のそれはかさなっているのではないでしょうか。冷静に考えて、男子が草を食っていて何が問題なのでしょうか。女性が肉食男子を求めていたからにほかなりません。先の例であれば据え膳に手を付けず帰ってしまえば甲斐性無しだとか意気地なしだとか罵られたり、自分の性的魅力のなさに悩まれることが在るのもその証左でしょう。

 

男性が家に帰ったのはあなたに魅力がないからではなく権利意識が強かっただけです。勝手にぬいぐるみにするのも、潜在的なレイプ魔にするのもやめてください。その男性も私もただのペニスのついた人間なのです。

 

私は合意あるセックスを望みます。しかしながら、オラオラ系と呼ばれるタイプの男性に魅力を感じる女性が多いのも確かです。壁にドンが話題になったのも記憶に新しいでしょう(流行語となったのは壁ドンですが、別用法のものと混同を避けるため新谷良子氏の造語を用います)。そのような人に契約書を見せてもなえさせるだけなのではないかと危惧しています。

 

以上のような危機感から自己と未来の男女を救うための解決策を私は持ち合わせていません。

しかし私は以下のスタンスを選ぶと決めました。最初からスタンスをだしてしまうことです。私はペニスと契約書をもつただの人間だと公にするのです。これには大きな問題を抱えています。ペニスをみたくない女性からは嫌われ、彼女らの騎士からも嫌われてしまいます。それは大多数だと思います。事実このようなスタンスをとった結果、1年の前期に大きな人間関係のこじれを産んでしまい、今でも引きずる結果となりました。今オンライン講義が決定しているのを実は喜ばしく感じています。彼の目の前に姿を見せるなという命を覚えながらキャンパスを歩く必要がなくなったからです。そのような大きな問題を抱えながらもこのスタンスをとったのは一つの信念があるからです。人は一人ひとり違う個性を持ち好みも異なるはずだという信念です。私はメジャーな価値観で測られてしまえば多くの人間の劣化であることがすぐにばれてしまいます。そんな人間の生き抜く方法は自分と同じ少数派と巡り合うための努力をすること以外にありません。数少ない相手に自分がここにいるのだというアピールをするほかないのです。セミのように騒げば天敵に見つかることもあるでしょうが、生き残るためにリスクをためらってはいけないのです。

 

ペニス、出していきましょう。

イスラム教の論理という本を読んだ

 

イスラム教の論理 (新潮新書)

イスラム教の論理 (新潮新書)

  • 作者:飯山 陽
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/02/15
  • メディア: 新書
 

 

どのような内容なのかは作者のツイッターを眺めた方が早いだろう。あれ以上でも以下でもない。

簡潔に述べると、西洋の論理ではそれを測ることは出来ないし、それが誤りである根拠にはならない、ということだ。

 

イスラム国は忠実に聖典を字義通りに解釈して実行に移しているという点で、より敬虔な信徒であると言われても、あれはイスラム教徒ではないと非難するいわれはない。

ただし、聖典を解釈した時点で、それは神の言葉ではないので、誤りようは多分にあり、その意味ではすべての信徒が等しくある。

最終的にすべてを知っているのは神のみであり、その判断を知れるのは最後の審判の時のみである。

 

といった感じのことが書いてあった。

正直なところ、西洋の押し付けがましさというのは普段から感じていて、イスラム教徒が困っているだろうことは感じていたし、読んで納得もした。

 

ただ、一つだけ気がかりなのはジハードとヒジュラの兼ね合いである。

例えば、イスラム法によって統治された国があって、貴方はそこの国民である。その中には異教徒はおらず、イスラム教信仰の妨げはない。

然しながら、国の外には依然異教徒の国がある。そこでは異教徒が暮らしている。

という状況を仮定する。

イスラム法にはイスラム法によって統治された国に遷都せよといった義務があるらしいが、イスラム国の登場以前はそのような国はなかった。が、今はあるので遷都すればいいことになる。その中で完結するのならば、一部のキリスト教狂信者以外は文句はないはずである。が、実際には異教徒の国に赴いてジハードを行っている。

 

お互いに放っておいたらいいものをイスラム教には全世界をイスラム教によって統治する使命があり、その過程での殺人は推奨されているらしいので、これはどうしたものかと・・・

遅刻に対する覚悟の話

十分な対策を施さないのが悪い怠慢だ、とのことなので、今日は最大限の対策を施した。

「大学の近くで寝れば遅刻しないのでは?」

アホみたいな対策も、往復200分の時間を節約したと考えると、やはり功を奏するのか、集合時刻の1時間前に集合場所に着いた。

 

やはりやれば出来るではないか。しかし、地獄はここからだった。

 

眠い。

 

断続的な意識の中で発表者が何を言ったのか類推しながらの活動。遂に正規の活動後の演練で限界を迎え導入部分でもう記憶がない。

 

寝坊するのはそれ相応の理由がある。普段から悪夢のような夢を見て、脳は必死に記憶を整理する。

要は普段の不断な頭の使いすぎである。

 

ちゃんと9時に着くのか、活動を冴えた頭で過ごすのか。世は全てトレードオフの関係にあるが、これもまた例外ではなかった。

 

明日も9時集合らしい。間に合うだろうか。

(私は高名な予言者なので間に合わないことを知っている)

ユートピアって実現しうるんでしょうかね

この上なく素晴らしい場所だが、どこにも存在しない場所。

 

当然どこにも存在しないのだから未来にも存在しえないものであろう。

私がこう確信しているのは、進化論的な発想に由来している。

 

進化論的な働きによって改善されるのは、元の状態から地続きな状態かつ、より安定した状態へ、しか改善されない。

 

進化論的な働きとは以下のような物である。

 

何らかの自然発生した変化は、淘汰圧によって、存続に不利ではないものが(その有利な度合いに即した確率に基いて)残る。このような微小な変化によって、徐々に変化していく。

 

このような変化は限界がある。

1. 自然発生する変化も完全に無差別である訳ではなくて、変化を起こす機構の性質によって、変化の方向性が決定されてしまう

2. 進化の途中の状態も存続出来るような形質でなければならない

3. 最終的に落ち着く安定した状態がなければならない。

 

このような条件を揃えながら、ユートピアが実現できるかというとそうではないだろうというのが、ユートピアは未来永劫存在しえない、の文意である。

 

 

では、ユートピアが実現しうる可能性はあるのかという問いに戻る。

これは単純に、一度素晴らしい社会になったとして、その社会は赤字になってしまうのか、或いは上で述べた進化論的な働きによって変容してしまうのか、という問題である。

これが、私が10年程度問い続けた問題であり、相続制度廃止論の出発点でもある。

 

もし、ユートピアが安定して存在できるのならば、理想を志向し続ける価値はあるだろう。

しかし、その理想がexpensiveであるのならば、素晴らしくない世界の中でいかに生きていくのかを探っていかねばならないだろう。時には人権を捨てて、奴隷制を復活する必要も考える必要があるかもしれない。

 

この問いは、答えが出ていない。